A-wearアンバサダー

11904683_892242154190704_5300072629458090865_n

パーソナルトレーナー :元木様
活動スタジオ:「Training Studio arancia(アランチャ)」

【A-wear購入のきっかけとなった目的、もしくは身体の悩みを教えてください】
自身のパフォーマンス向上
クライアントの肩こり、四十肩・五十肩などの改善

【どのような場面、どのように使用していますか?】
ピラティスやトレーニングのときはもちろん普段の生活から着けています。
個人でみているクライアントにも普段から着けてもらっています。

【使用期間】
1年

【カラダの悩みはどのように変化しましたか?】
ピラティスやトレーニングで腕や肩の動きがスムーズになりました。ランニングをしていても背中の筋肉が意識しやすくなっています。
一番はクライアントが普段から姿勢やカラダへの『意識』が変わりました。

【同じ目標・悩みを持つ方に向けて、一言お願いいたします。】
肩こりやコンディションを改善するにはトレーニングをしていないときに何をするかが重要です。
普段から着けられるコンディショニングツールとしてA-wearはオススメです!
トレーナーの方にはパーソナルトレーニングの効率も上がると思います!

宜しくお願い致します!

Training Studio arancia 元木

 

11890926_896168043798115_8571172474700325316_n

餅崎 様
職業 :写真プリント店

【A-wear購入のキッカケ&そのときの悩み】

ティップネスのスタジオレッスン(格闘技レッスン)でインストラクターの方が着けていて、使用後の肩の伸び感が明らかに違い、装着1週間でこんなに可動域が広がるものかと驚きました。
たまたま悠人先生が祝日イベントで来られていて友達と一緒に2つの動作を教えてもらいましたが、ほんの数分しかしていないのに肩が驚く程軽くなり、膝上げも高い位置まで出来る様になりびっくり。終わってすぐ友達3人とA-wearを購入しました。

仕事柄、前傾姿勢で作業する事が多くガチガチの肩凝り、そして立ち時間が長く片脚に重心を掛けてしまったりするせいか、カラダも歪み股関節のつまりもなかなか取れず、スタジオレッスン中も股関節が痛く悩んでいました。

【使用している場所】

最初はマーシャル系のレッスン&睡眠時。最近は、仕事中以外、通勤時も含めほぼ着けています。

【使用期間】

約10ヶ月。
代官山レッスンは半年。

【一言】

装着するだけで違いが実感出来ます。フィットネスのヨガレッスンでもある程度は柔らかくはなりましたが、A-wearに出逢ってからというもの、肩はさらに柔らかくなるし足運びはよくなるし、何より疲れにくくなりました。正しい姿勢でいられるからだと思います。
首が前に出ていたのも反り腰も治りました‼ 真っ直ぐ体が揺れる事なく歩けるようになりました。知り合いは外反母趾も改善。

代官山でのレッスンは、受けるだけで1週間びっくりする程体が軽くなるのが持続します。最初の頃は本当に驚きました。
そして私は趣味の延長で、インストラクター講習まで受けてしまいました‼ どうしても細かい動きまで知りたくなったので。受講して本当に良かったです。仕事での疲れを軽減する為、毎日基本動作の練習をしています。そのうち友達を自宅に呼んでレッスンしたいと思っています。
半信半疑だった友達も今ではすっかりハマってます。ティップ鶴見では、A-wearレッスンがまだないのに(笑)たくさんの輪が広がっています♪

11998866_906825056065747_3295808925861263510_n

小川亜子

職業 :アロマセラピスト

肩こり首こり専門アロマサロン

【きっかけ】

西馬込 be Uスタジオでプライベートピラティスを受けています。
2年ほど前からA-wearを装着してレッスンを受けています。

ヘベレテン結節という指の関節炎が2年ほど前から始まりました。
冬になると痛みが出て、指を動かしにくくなります。
しっかりと手を握ることが出来ない状態でした。

この関節炎がよくなるのかしら?と半信半疑で使い始めました。

【どんな場面でどのように使用しているのか?】

体操をするときに装着してます。

関節炎が痛い時、寒い冬の朝、指が動きにくい時に装着して
指を握ったり開いたりしています。

【試用期間】

2年位

【変化について】

ありがたいことに、今年の冬は関節炎の痛みを感じませんでした。
指の動きも一年前よりはるかに良くなっております。

手を握った時の違和感がほとんどありません。
握る、開くの動作の反応も良くなっています。

ゴルフのクラブが握れます。

女性に多いヘベレテン結節ですが、放っておくと進行していき
手を握る動作がしにくくなります。

そのような症状の進行を止めることができています。

動かしやすくなり、しかも痛みが取れるので、
同じ症状の方に使っていただきたいです。

小川様のサロン・紫雲 HP: http://ameblo.jp/smile-hand/

 

名前:滝本佳予

職業:医師

【A-wear使用のきっかけとなった目的、もしくは身体の悩みを教えてください。】

繰り返す寝違え(急性頸部筋筋膜症)

パソコン作業、書類を読むことが多いことによる背中から首の痛みとはり

足のむくみとだるさ

【どのような場面で使用していますか?】

自宅で筋トレを行うとき

通勤中(徒歩および公共機関)

仕事中(パソコン作業、書類作業をする最中)

【使用期間】

2年前より機会あれば使用してきたが、1年前より毎日使用

【使用してからの変化、同じ悩みを持つ方への一言をお願いします。】

使用前は寝違えを繰り返し、様々な枕を試しても改善しませんでしたが、

使用後はまったく寝違えることはなくなりました。

枕も非常に低いものを使うか、なくても眠れる状態に落ち着き、枕にこだわる必要性がな

くなりました。

職場ではパソコンでの作業、書類を読んだり字を書いたりすることが多く、

背中から首、頭にかけて筋肉がはって痛み、頭痛も多かったですが、

常にA-wearを装着してデスクワークをするようになってからはそのような症状は一切なく

なりました。

現在でも時々A-wearを忘れて作業すると、肩関節を支えている筋群のはりをすぐに自覚す

るので、慌てて装着して症状が再発するのを予防して過ごしています。

A-wearを装着して正しくスクワットを継続しているせいか、

足のむくみも気にならなくなり、マッサージへ行くことがなくなりました。

今年は15年ぶりにスキーをしましたがまったく筋肉痛にならず

日々、正しく筋肉を使うことのすばらしさを改めて実感しました。

 

名前 常盤仁

職業:コモゴルファーズアカデミー チーフトレーナー

【A-WEARを選んだ理由】

「指」の存在を強く意識させてくれる プロゴルファーとアマチュアゴルファーの一番の違いは何でしょうか?

私は「末端(手)のイメージの明瞭性」と「末端(手)の情報収集能力」と考えています。

道具を使うスポーツに置いて、唯一の接触点である手は最重要ポイントであると考えられます。

効率のいいゴルフスイングを学習していく際に大切な事は、世界一流のプロゴルファーのスイングよりもまずは筋力が少ないトップジュニアや可動性の少ないシニアプロの道具との調和能力に目を向けていく事が必要です。

そして、調和能力に不可欠なのが、クラブ、指、手首、前腕の運動イメージの明瞭性、クラブから手に伝わる情報の収集能力です。

つまりゴルフの練習とは、手と道具の調和トレーニングであり、指から肘先のコンディションは非常に重要となります。

体の中心部の動きが良くなれば末端の動きもよくなるという事ではなく、本来は末端の運動イメージが明確になり、末端の運動パターンを学習した後、体全体の繋がりが生まれてきます。

指からリードされる体の繋がりを体感できるA-Wearはどのレベルのゴルファーにもマッチするトレーニングツールだと考えています。

 

名前 深井浩

職業:おはな整骨院 院長

【A-WEARを選んだ理由】

運動神経刺激ツール

尺骨神経の活動を活性化させることで、前腕に始まる全身の歪みを改善し、脊柱の歪みを原因とする身体の不調を軽減させる。

また、脊柱が解剖学上正しい配列をとることで、その中を通る中枢神経からの指令が各器官に正確に伝わるようになることで、すべての身体活動のパフォーマンスレベルを引き上げる。

言葉にすると、上のような解説の通りなのですが、

実際着けてみて体感しています!

施術者として、拇指で手技を行うと、何回も繰り返すうちに、拇指が痛くなってくることを感じている施術者の方も多いと思いますが、

A-wearを着けることによって、手根骨の位置が正常の位置に入るので、

まず拇指が痛くならない、

スムーズにピンポイントに対象箇所を捉えることが出来ます。

これは実はすごく大事なことで、施術者にとっても患者様にとっても、施術の内容を100%需給できるようになるのです。

また、トレーニングを愛好する方はもちろんですが、

肩関節のポジション、胸腰椎のアライメント(姿勢)、股関節のポジション、膝・足関節のアライメントによって

トレーニング内容・質が100%変わりますよね。

ウェイト(負荷)を掛けると大なり小なりウェイト量によって組織が絶対損傷します。

特に姿勢が崩れているときは要注意、トレーニングしながら怪我しに行っているようなものです。

まず姿勢の正常な位置を意識でき、

ケガのリスクを最小にし、

的確にトレーニング効果を実感できます

実は色々と考えられて構成されているんです。治療家の方は自分では動かない方も多く、知っているようで知らない状態では問題は解決できないので、A-wearは指サック體操(たいそう)と同時に学んでいただくことをオススメします。